キシリウムプロカーボン SL USTのインプレ



ホイールを変えるだけでこんなに変わるとは思いませんでした。

漕ぎ出しが軽くスピードの伸びも違う。
巡航時からの加速も素晴らしいです。

自分にはロードバイクは合わないかなと思ってましたが
快適に走れるようになり満足です。



リムハイトが高いほうがカッコいいですが横風が強い場所を走るので
これで良かったです。
他の人と被らないし(笑)




自分のスピードメーターが3〜5キロは同じペースで走っても違います。
安くは無いですが、とても満足してます。

K様



 

キシリウムプロカーボン SL USTの後続モデルは?



リム仕様の後続モデルは無くなった?


キシリウムプロカーボン SL USTは2020年モデルですが、
継続モデルはないです。


ヒルクライム好きな方にとってはキシリウムの
カーボンリムモデルはかなり魅力的ではありましたが、
後続のリム仕様がなくなったのは残念ですね。


マビックに限らず、どのメーカーもディスクが主流になってきているとは
いえ、まだまだシンプル軽量のリムモデルの需要はあり、なんとか
メーカーさんは対応してほしいですね。。。


後続モデルではないですが、コスミックSLR32ディスクが
マビックのヒルクライム向きのカーボンモデルとなります。

 

コスミックSLR32ディスクでは何が違う?


 

新設計のUD?仕上げ加工リムで35gの軽量化



キシリウムプロカーボン SL USTのリムハイトが25mmに対して、
コスミックSLR32ディスクのリムは32mm。

それでいてホイール重量が1445gから1410gの軽量化と35gも軽くなっています。

リムが高くなりながらも35gも軽くなっているのは
凄いですね。

理由としては、新設計のUD?仕上げ加工のカーボンファイバーに変更になった事です。

表面がつや消しブラックで、カーボン特有の模様はありませんが、
持ち上げた印象はかなり軽いです。

マビックもカーボンリムも今後はこのUD?仕上げ加工が主流になってくるのかな?
と思います。
 

他に違う点は?


・リムテープが要らず、タイヤ装着がより簡単になった

・スポークが前後左右同じになった

・イクシオンプロUSTタイヤがセットでなくなった

・ディスクモデルなので、下りでのブレーキの心配は無くなった

 

ディスクモデルならコスミックSLR32はオススメ!




リムハイト32mmですとヒルクライムもこなせて、平地での巡航性もより上がります。

ディスクモデルで、峠が多い目のオールラウンド性を求める方にはオススメのホイールです。


コスミックSLR32ディスクの詳細はこちら















 
  • 安心の交換返品保証
  • お客様の声
  • 店長田中のインプレ
  • ホイール装着、ホイールバランス、メンテナンスについて
  • BLOG
  • MAVICについて
  • 初めてのお客様へ
  • 失敗しないマビック選び
  • 偽者に注意!
  • よくある質問 Q&A
  • どこでも無料。送料無料